2018年  11 月   18 日   週   報 No.47
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
 終末前主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 木村諭     奏楽  大川昌美                                   
前奏                   
招詞       詩編 103:1~2   (旧)P.939
讃美歌            25(父・子・聖霊に)
主 の 祈 り                           
交読詩編                 130       
聖      書     ヨハネによる福音書 20:1~18 (新)P.209
祈      祷 
讃美歌           405(すべての人に)                                
信仰告白
説教      「本当に復活されたのか」 進宏一伝道師 
祈      祷 
讃  美  歌             390(主は教会の基となり)
献金  
頌栄          26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝      祷 (礼拝当番) (今週)    
後      奏         (次週)        
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
  「ルツとナオミ」  ルツ記 1:
      52(ひかりひかり)  22(おほしがひかる)   
          ▲先週の集会    男   女   計                        
         礼   拝      7   24   31
          教会学校      1    2   3  (教師 ・大人13) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@ybb.ne.jp


(今日の聖句)
ペトロは墓に入り、、亜麻布が置いてあるのを見た。イエスの頭を包 
 んでいた覆いは、亜麻布と同じところには置いてなく、離れたところに丸 
 めてあった。              ヨハネによる福音書  20:6~7                      

(今日の言葉)
   墓には主イエスの遺体が無くなっていて、その後、様々な人々の前 
 に主は現れた。聖書のこの証言だけで、キリスト者は主の復活を信じた 
 のでしょうか。復活だけでなく、聖書の様々な話を聞いて、人に勧められ 
 て、あるいは、信じている人の様子を見て信じた人もいるでしょう。しか 
 し本音は、苦しみから救われたくて、信じるしかなくて藁をもつかむ気持 
 で、信じないではいられなかったので信じた。これが正直な所ではない 
 かと思います。  
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ 役員会報告 ①牧会・教勢 ②会計 ③前月議事録 ④大掃除11/2 
 5⑤ドア土台埋込金具修理⑥バザー反省⑦クリスマス愛餐会:豚汁、わ 
 かめ御飯⑧クリスマス案内と葉書、作成発送⑨2019年元旦礼拝実施
○ 大掃除(床一階・二階、窓ガラス、クリスマスツリー飾り)を11月25日、 
 礼拝後に行います。お時間許す方はお手伝、是非よろしくお願いいたし
 ます。
○ 礼拝後、聖書通読会を行います。ヨハネによる福音書6:~ P.176 
○ 「収穫感謝日」(11月25日)を控え、教団引退教師の退職年金の財 
 源となる、「謝恩日献金」をお願い致します。受付に袋があります。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お祈りください!①多国籍社会で暮らす②現行憲法の是非③地震の備え 
 ④格差・最低限の生活保障⑤増え続ける原発廃棄物⑥神の力で子供を 
 成長・教会が居場所に・城山の教会をつなぐ兄弟姉妹

次週礼拝予告  11月 25日(日) 午前10時30分
 説教題 「喜べ」 大野高志牧師 
 聖 書 フィリピの信徒への手紙 4:2~9 (新)P.365
 讃美歌 27 158(捕らわれの民) 531(主イエスこそわが望み) 28