2021年  7 月 18 日   週  報 No.30
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
  三位一体後第7主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                     司会 栃久保宣子    奏楽                                     
前奏      
招詞         詩編 49:16  (旧) P.882
讃美歌             27(父・子・聖霊の)
主 の 祈 り                            
交読詩編               118:17~29
聖      書       マタイによる福音書 4:1~4 (新) P.4
祈      祷 
讃美歌             504(主よ、み手もて)           
信 仰 告 白                                                                                             
説教    「食べて行くために一番大事なこと」 進宏一伝道師    
祈      祷
讃  美  歌            510(主よ、終わりまで)
献金    
頌栄             28 (み栄えあれや)
祝      祷 
後      奏   (礼拝当番)(今週) 尼野冨美子 星可奈
             (次週) 松本設子 今代美
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
     「イエス、洗礼を受ける」 マタイ 3:13~17  
        ▲先週の集会    男   女   計                        
         礼   拝   6   17  23
教会学校             1      (教師 ・大人5) 
   (教会住所) 238-0235 三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp



(聖句)
  「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。」
  イエスはお答えになった。
  「人はパンだけで生きるものではない。
   神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。」
                     マタイによる福音書 4:3~4
(今日の言葉)
  パンがなければ人間は生きて行けず、パンを得る為に仕事をします。 
 主イエスはパンも大事だが、それをすべてにしてはいけないと言われ
 ます。パンを求めて生かす為だけに、神は人間を造ったのではない
 のです。御心に従えば、荒れ野でマナが与えられたように、人間は
 食べて行くことが出来る。これを信じるのがキリスト者です。
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ 今年の合同バザーは、感染拡大を考慮し、中止となりました。
○ 熱海土石流、悲しみの中にある人を癒して下さい。急傾斜地の
 盛土が、いかに危険であるか、知ることとなりました。温暖化の豪雨
 により、身近な場所の同様の危険に気付き、準備させて下さい。
○ コロナ禍の中、東京五輪が開幕します(7/23~8/8、8/24~9/5)。
 感染から命が守られること、関連の仕事で失業者が救われること、
 期間中の気温が抑えられることを祈ります。国産ワクチンの開発、
 私達が続ける礼拝を神様がお守り下さい。

お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待 ②キリスト教主義施設職員
 の守り ③地震・風水害の準備 ④エデン集会の再開方法 ⑤コロナ
 継続給付⑥教会学校の子供が与えられること⑦三崎教会をつなぐ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  7月 25日(日) 午前10時30分
 説教題  「肩書を離れて」 大野高志牧師  
 聖 書  マタイによる福音書 9:9~13 (新) P.15
 讃美29 202(よろこびとさかえに満つ)453(何ひとつ持たないで) 24