2021年 8 月 1 日   週  報 No.32
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
  三位一体後第9主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                     司会 進宏一    奏楽                                     
前奏      
招詞        詩編 50:23  (旧) P.884
讃美歌           25(父・子・聖霊に)
主 の 祈 り                            
交読詩編             119:9~16
聖      書     エレミア書 1:4~10 (旧) P.1172
祈      祷 
讃美歌          495(しずけき祈りの①)            
信 仰 告 白                                                                                             
説教         「神の約束」  佐藤千郎牧師   
祈      祷
讃  美  歌        519(イザヤを招く神の声は③)
献金    
頌栄        26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝      祷 
後      奏   (礼拝当番)(今週) 栃久保宣子 山内亜侑
             (次週) 青木広美 早川茉衣
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
     「罪深い女性の赦し」 ルカ7 :  
        ▲先週の集会    男   女   計                        
         礼   拝    6   14  20
教会学校                    1  (教師 ・大人5) 
   (教会住所) 238-0235 三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp



(聖句)
「彼らを恐れるな。わたしがあなたと共にいて、必ず救い出す。」と
  主は言われる。                   エレミア書 1:8

(今日の言葉)
   「必ず救い出す」という言葉の裏には、助けを待つ人の叫びを伴った 
  祈りがあります。神は約束を守り、その祈りに応えて下さいます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ コロナ禍の中、東京五輪が開催されています(7/23~8/8、8/24~ 
 9/5)。感染から命が守られること、関連仕事で失業者が救われること、 
 残り1週間の気温が抑えられることを祈ります。必要量が必要な時に確 
 保出来る国産ワクチン開発、私達が続ける礼拝を神様がお守り下さい。
○ 76年前、8/6は広島、8/9は長崎に原爆が投下された日、8/15は 
 終戦の日です。戦争の加害と被害を覚えます。始まってしまえば、
 間違いなく悲惨な結果になる、戦争の回避方法を普段から考えさせて 
 下さい。
○日毎の糧 「主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは
 剣を打ちなおして鋤とし、槍を打ちなおして鎌とする。国は国に向かって 
 剣を上げず、もはや戦うことを学ばない」イザヤ書2:4 人間は神に創 
 造されましたが、教えに従わず、いずれ裁かれる日が来ると書かれて 
 います。ただ不思議なことには、その日には人間は戦いを止め、剣や槍 
 の武器を、鋤や鎌の農具にすると言います。
お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待 ②キリスト教主義施設職員
 守り ③地震・風水害備え ④エデン集会の再開方法 ⑤コロナ困窮者
 の住宅と給付⑥教会学校の子供が与えられること⑦三崎教会をつなぐ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  8月 8日(日) 午前10時30分
 説教題  「放蕩息子のたとえ」 生野隆彦牧師  
 聖 書  ルカによる福音書 15:11~32 (新) P.139
 讃美歌 24 451(くすしきみ恵み①) 451(同②③) 29