日本キリスト教団   三 崎 教 会                                    
クリスマス燭火礼拝
12月24日(月) 午後5:00                                                
           
前奏       点     火
聖書      イザヤ書 9:1~6 
讃美歌  259(111)いそぎ来たれ、主にある民 一同
聖書      イザヤ書 11:1~10
讃美歌  252(119)羊はねむれり         一同
聖書      ルカによる福音書 2:1~7    
讃美歌  260(108)いざ歌え、いざ祝え     一同
聖書      ルカによる福音書 2:8~14  
讃美歌  263(106)あら野のはてに        一同
聖書      ルカによる福音書 2:15~20  
讃美歌  258(103)まきびとひつじを       一同
聖書      マタイによる福音書 1:18~25 
讃美歌  264(109)きよしこの夜          一同
説教   「飼い葉おけのイエス」    生野隆彦牧師  
讃美歌  261(112)もろびとこぞりて        一同
祝祷      
後奏 
・讃美歌の番号は讃美歌21、( )内は旧讃美歌番号                                
   クリスマス、おめでとうございます。
 
 今年も皆さまと一緒に、イエス・キリストの御降誕をお祝い出来ることを感謝いたします。それでも、街の飾りに似つかわしくない、さまざまな人間の苦悩、悲しみの叫びは、国の内外であとを絶ちません。
 クリスマスの本当の意味もまた、街の華やかさとはかけ離れたものです。人間を助けてくれるはずの救い主キリストは、こともあろうに動物小屋で生まれ、最後は十字架で死んでしまったのです。
 しかしキリストは復活し、信じる者に、自分を愛するように隣人を愛せと命じられます。自分たちが幸せになればそれでいい、というわけにはいかないようです。そしてこれこそが、神が私たちのためにキリストを誕生させた理由なのです。今宵、私たちが誕生を祝う救い主は、私たち自身が救われるためには、まず、しなければいけないことがあると言われています。
                             2018年  12月
  
 (年末礼拝)  2018年12月30日(日) 午前10:30
   「復活後、主イエスと岸辺で食事」 進宏一伝道師
      ヨハネによる福音書 21:1~                           

〖元旦礼拝〗 1年の始めの大切な日、初詣は教会で。
  2019年 1月 1日(火) 午前10:30         
「主の恵みの年」 生野隆彦牧師
詩編 1:1~3 ローマの信徒への手紙 12:9~21 
  25 171(かみさまのあいは) 470(やさしい目が.) 29 

                (教会住所) 三浦市城山町4-4
          牧師(代務) 生野隆彦 伝道師   進宏一
                (電話・FAX)046-881-7923   
                URL:http://misakichurch.net