2021年  1 月 10 日   週  報 No.3
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
     主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 新明隆子     奏楽 廣瀬牧実                                   
前奏                  
招詞      詩編 28:6~7   (旧) P.859
讃美歌         24(たたえよ、主の民)
主 の 祈 り                            
交読詩編                97
聖      書    イザヤ書 61:1~2     (旧)P.1162
           ルカによる福音書 4:16~30   (新)P.107
祈      祷 
讃美歌          288(恵みにかがやき)  
信 仰 告 白                                                                                            
説教      「解放者として」    生野隆彦牧師                    
祈      祷
讃  美  歌         403(聞けよ愛と真理の)
献金  
頌栄           29(天のみ民も)
祝      祷 
後      奏   (礼拝当番)(今週) 松本設子 山内亜侑
             (次週) 栃久保宣子 早川茉衣
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
    10(ことりたちは) 52(ひかりひかり.)
        ▲先週の集会    男   女   計                        
         礼   拝       6   11  17
教会学校            1     (教師 ・大人4) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp


(聖句) 主がわたしを遣わされたのは、捕らわれている人に開放を、目  
 の見えない人に視力の回復を告げ、圧迫されている人を自由にし、主の 
 恵みの年を告げるためである。
ルカによる福音書 4:18

(今日の言葉) 悪魔の力を うちくだきて 捕虜(とりこ)を放つと
  主は来ませり 主は来ませり 主は 主は来ませり。(讃美歌 261) 
   私たちはクリスマスごとに歌うのですが、私たちはほんとうに、いろ
  いろな「束縛・迷信から解放」され、自由になったのでしょうか。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告) 
○ コロナ感染対策は格差の問題になっています。余裕ある人は経済を 
 止めようとしますが、そうでない人は、経済停滞で仕事を失い、命に影 
 響しています。国は難しい舵取りをしています。ワクチンを早め、重篤者 
 と生活困窮者、特に女性の命をお守りください。3密回避、手指消毒、マ 
 スクに注意しながら、私達が続ける礼拝を、神様がお守り下さい。
○ 寒くても、窓を開け、換気しなくてはいけません。ガスヒーターの近く 
 に座り、厚着等の準備をお願いいたします。    
○ クリスマス献金は611,620円でした。ありがとうございました。後日、報
 告いたします。
○日毎の糧 「あなたたちの神、主がその名を置くために選ばれる場所
 に」 申命記 12:11 神に決められた場所で礼拝し、神に献げた肉や
 収穫物を一緒に食べ、喜び祝えと命じられます。日本でも行われる祭
 りの原点を見ることが出来ます。  
お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待 ②キリスト教主義施設職員が
 信仰に関わらず守られること ③生活困窮者への継続給付 ④地震・
 自然災害 ⑤教会学校の子供が与えられること ⑥三崎教会をつなぐ
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  1月 17(日) 午前10時30分
 説教題  「新しい年」  進宏一伝道師
 聖 書   マタイによる福音書 2:6   (新)P.2
 讃美歌27 575(球根の中には)549(わたしたちを造られた神よ) 28