2021年  1 月 17 日   週  報 No.4
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
     主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 栃久保宣子      奏楽 大川昌美                                  
前奏                  
招詞      詩編 29:1~2   (旧) P.859
讃美歌          27(父・子・聖霊の)
主 の 祈 り                            
交読詩編                98
聖      書     マタイによる福音書 2:6   (新)P.2
祈      祷 
讃美歌          575(球根の中には)  
信 仰 告 白                                                                                            
説教       「新しい年」     進宏一伝道師                    
祈      祷
讃  美  歌       549(わたしたちを造られた神よ)
献金  
頌栄          28 (み栄えあれや)
祝      祷 
後      奏   (礼拝当番)(今週) 下里康子 松本設子
             (次週) 青木広美 青木芳隆
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
    
        ▲先週の集会    男   女   計                        
         礼   拝       5   15  20
教会学校                   (教師 ・大人) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp


(聖句)
  ユダの地、ベツレヘムよ、お前はユダの指導者たちの中で決して
 いちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、わたしたちの民 
 イスラエルの牧者となるからである。   マタイによる福音書 2:6
                      
(今日の言葉) 教会の新しい年は、困難な現実の暗闇の中、待ち望んだ 
 救い主、キリスト誕生のクリスマスから始まります。折しも今、コロナ
 感染の厳しい状況から、本当に救って下さるのか。救われるために、
 信じる者は何をすればよいのか。それに対してキリストが言われるのは、
 神を愛せ、自分を愛するように隣人を愛せ、だけなのです。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告) 
○ コロナ禍、若い人と中高年、経済的な余裕のある人と無い人では、
 状況がまったく違って来ています。礼拝出席では、換気、手指消毒、
 マスクの基本によって、濃厚接触が起こり得ないよう万全を尽くします。
 一人一人のウィルス累積接触量を押さえ、感染の確率を下げて行くほか
 ありません。ワクチンを早め、重篤者と生活困窮者の命をお救い下さい。 
 私達が続ける礼拝を、神様がお守り下さい。
○ 寒くても、窓を開け、換気しなくてはいけません。後方のガスヒーター 
 付近が暖かいようです。厚着等の準備をお願いいたします。    
○ クリスマス献金は611,200円でした。ありがとうございました。後日、
 報告いたします。
○ 本日、阪神淡路大震災から26年です。東日本と並んで、日本に
 暮らす者が決して忘れてはならない日です。
お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待 ②キリスト教主義施設職員が
 信仰に関わらず守られること ③生活困窮者への継続給付 ④地震・
 自然災害 ⑤教会学校の子供が与えられること ⑥三崎教会をつなぐ
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  1月 24(日) 午前10時30分
 説教題  「光が差し込んで来ているので」  鈴木伸治牧師
 聖 書   イザヤ書 9:1~6 (旧)P.1073
        マタイによる福音書 4:12~27   (新)P.5
 讃美歌 29 288(恵みにかがやき) 511(光と闇とが) 24