2018年  7 月   22 日   週   報 No.30
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
 三位一体後第8主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 進宏一    奏楽 伊勢田宏子                                  
前奏                   
招詞          詩編 99:1~3      P.936
讃美歌             25(父・子・聖霊に)    
主 の 祈 り                           
交読詩編                 112       
聖      書      エフェソの信徒への手紙 5:6~20   P.357
祈      祷 
讃美歌            17(聖なる主の美しさを)                   
信仰告白
説教      「光の子として歩みなさい」  佐藤千郎牧師
祈      祷 
讃  美  歌             520(真実に清く生きたい)
献金  
頌栄            26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝      祷 (礼拝当番) (今週)    
後      奏         (次週)      
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
 「主の祈り」  マタイ 6:5~15
      86(あかるいひかりを)  120(どんなときでも)   
          ▲先週の集会    男   女   計                   礼   拝      7   23  30
         教会学校       2   1   3(教師 ・大人7) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@ybb.ne.jp



(今日の聖句)  
「あなたがたは、以前には暗闇でしたが、今は主に結ばれて光となっ
 ています。光の子として歩みなさい。」  エフェソの信徒への手紙 5:8                                    

(今日の言葉) 光の子とは、主イエスのみ言葉によって、支えられ導か
 れ、祈りつつ、感謝しつつ生きる信仰者、即ち、私たちのことです。                                      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)                                        
○ 婦人会夏季修養会、7/16(海の日)に行われ、猛暑でしたが、21名が 
 出席し、幕末のキリスト教について、学びの時間をもちましたた。
○ 豪雨で亡くなられた方、被災された方へ、神の慰めをお祈りします。
 自然災害は、過去にない規模を覚悟して、備えなけばならなくなりました。
○ 今年のバザー(11/3、小羊保育園)は、喫茶、フリマを出店します。○ 厳しい暑さが続きます。礼拝中でも、扇子を使用し、水分補給をして下さい。
○ CS夏の素麺会を、7/29、11:40より行います。具は、ミョウガ、ネギ、
 大葉、冷製トマト・オニオン、梅ササミ、温野菜シャウエッセン、冷けんち
 んです。小豆アイス、子供ゲームを用意します。コンパクトに交流し、13
 時過、片付終了目標です。 会費300円。
お祈りください!①教会が居場所に②温暖化災害・スーパー台風.③地震 
 ④原発廃棄物⑤東アジアで生きる⑥神の力で子供を成長⑦ネットカフェ 
 暮らし⑧城山の教会をつなぐ兄弟姉妹
○日毎の糧「目が手に向って「お前はいらない」とは言えず、また、頭が足 
 に向かて「お前たちはいらない」とも言えません。」 コリント一 12:21
体のそれぞれの部分が必要不可欠なように、神は信じる者一人一人
 に役割を与えられました。役割は必ずあるので、それを果たすよう努め
 なさいと言われています。 
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  7月 29日(日) 午前10時30分
 説教題 「神様の御心を示されながら」 鈴木伸治牧師 
 聖 書 申命記 10:12~22 P.297
      マルコによる福音書 9:42~50 P.80