2020年  9 月 27 日   週   報 No.40
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
 三位一体後第16主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 栃久保宣子     奏楽 伊勢田宏子                                  
前奏                  
招詞         詩編 14:6   (旧) P.845
讃美歌             29(天のみ民も)
主 の 祈 り                           
交読詩編               83:14~19
聖      書    歴代誌下 7:11~16         (旧)P.679
             ヨハネによる福音書 10:22.~30 (新)P.187
祈      祷 
讃美歌           224(われらの神 くすしき主よ)                                                                                   
信仰告白 
説教     「神様が耳を傾けられるので」  鈴木伸治牧師                       
祈      祷
讃  美  歌             495(しずけき祈りの)
献金  
頌栄             24(たたえよ、主の民)
祝      祷 (礼拝当番)(今週) 徳山宏基 近藤さゆり
後      奏        (次週) 栃久保宣子 青木芳隆
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
   
   54(かみのめぐみを) 76(しずかにしずかに)
          ▲先週の集会    男   女   計                        礼   拝      4   19   23
教会学校                      1(教師 ・大人5) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp

(聖句)
  今後この所でささげられる祈りに、わたしは目を向け、耳を傾ける。                                                                                                                        
                             歴代誌下 7:15.
(今日の言葉)
  ソロモンが造った神殿において、そこでささげられる祈りは、神様が聞 
 いて下さる、と示されています。私たちも教会で祈りをささげ、深めつつ 
 歩みたいのです。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ 別紙、7、8月の会計報告をご覧ください。
○ コロナウィルスに感染してしまうと、日本では責められる風潮があります。症状よりも、周囲との関係維持が深刻な問題です。気を緩めることなく、濃厚接触を確実に避けながら、仕事も、人の交わりも続けられる方法をお示し下さい。一人一人はマスク、手指消毒、教会は換気に万全を期しながら、礼拝を続けます。神様がお守り下さい。
○ 浜松に転居された古川幸子姉妹が病の床にあります。各自の祈りにお加え下さい。
お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待 ②キリスト教主義施設職員の 
 守り ③格差克服④地震・自然災害 ⑤神の力が必要な子供・大人 ⑥ 
 三崎教会をつなぐ
○日毎の糧 「一体誰が、生ける神の御声を、我々と同じように聞いて、なお生き続けているでしょうか。」 申命記5:16 神を見たり声を聞けば、人間は死にました。そこでユダヤの人々は、これ以上の危険を避けたいと、モーセに神の言葉の取次ぎを頼みます。戒めと掟を神が語り、モーセが民に伝え、民は実践しました。モーセの後、神に会い、直接やり取り出来た指導者や預言者は現れませんでした。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次週礼拝予告  10月 4日(日) 午前10時30分
 説教題  「信仰の始まり」 佐藤千郎牧師
 聖 書   ローマの信徒への手紙 10:17   (新)P.288
 讃美歌25 57(ガリラヤの風かおる丘で①)495(あなたの道を①) 26