2022年 2 月 20 日   週  報 No.8
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
  受難節前主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
               司会 松本設子     奏楽                                     
前奏      
招詞      詩編 75:11     (旧) P.911
讃美歌           25(父・子・聖霊に)
主 の 祈 り                            
交読詩編             144:1~4
聖      書   マタイによる福音書 4:23~25  (新) P.6
祈      祷 
讃美歌           361(この世はみな)                                    
信 仰 告 白                                                                                         
説教     「病を癒してもらった後」  進宏一伝道師  
祈      祷
讃  美  歌            385(花彩る春を)
献金    
頌栄         26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝      祷 
後      奏   (礼拝当番)(今週)松本設子 早川茉衣 
             (次週)徳山宏基 大宮万里子 
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
           
        ▲先週の集会    男   女    計                        
         礼   拝       5   14   19
教会学校                     (教師 ・大人) 
   (教会住所) 238-0235 三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp



(聖句)
  イエスの評判がシリア中に広まった。人々がイエスのところへ、いろ 
 いろな病気や苦しみに悩む者、悪霊に取りつかれた者、てんかんの者、 
 中風の者など、あらゆる病人を連れてきたので、これらの人々をいや 
 された。こうして、多くの群衆が来てイエスに従った。
                        マタイによる福音書 4:23~25 

(今日の言葉) 
病を癒すという主イエスの評判で、多くの人がやって来ます。
 ただ、人々は主を利用しただけで、病が直れば、もう用はなく、 
 癒されても信じません。一方で主も、そんな弱く、この世が大好きな
 人間をよく御存知です。その上で癒しの奇跡を起こされます。神がいる
 証拠、徴を見せ、神が創ったこの世を、どう生きれば良いか、教え
 られています。信じる者の生活でも、わたしたちを勇気づけるため、
 いつも奇跡は起こっているはずです。                                                 
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ コロナ禍、感染者の人数は減少に転じたと報道されますが、重症者数 
 は高止まりで、危険は中後年に集中しています。希望者はワクチンを早 
 めるのが最良と思われます。教会でもしばらく注意が必要です。飲食観 
 光関連、私達が続ける礼拝を神様がお守り下さい。 
○ ガス・ヒーター、エアコンで暖房しておりますが、窓は閉められません。
 暖かい服装で御出席願います。後方、ガス・ヒーター前が暖かいです。
お祈り下さい ①一人一人が孤立を防ぐ②いじめ虐待・命は守る ③キリ 
 スト教主義施設職員守り ④地震・風水害備え ⑤エデン集会再開 ⑥ 
 困窮者給付 ⑦教会学校の子供が与えられること ⑧三崎教会をつなぐ  
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次週礼拝予告  2月 27日(日) 午前10時30分
 説教題  「触れた者と触れられた者」 大野高志牧師  
 聖 書   マルコによる福音書 1:40~45 (新) P.63
 讃美歌27 56(主よ、命のパンをさき)58(み言葉をください)28