2019年  9 月  29 日   週   報 No.40
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
 三位一体後第15主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会  松本設子   奏楽 廣瀬牧実                                   
前奏                  
招詞       詩編 97:10~12     (旧)P.935
讃美歌             29(天のみ民も)
主 の 祈 り                           
交読詩編                30      
聖      書  ローマの信徒への手紙. 5:12~21  (新) P.280
祈      祷 
讃美歌         57(ガリラヤの風かおる丘で)                                                          
信仰告白
説教   「永遠の命を信じてこの世を生きる」  進宏一伝道師                            
祈      祷
讃  美  歌           149(わがたまたたえよ)
献金  
頌栄            24(たたえよ、主の民)
祝      祷 (礼拝当番)(今週)工藤美保 三上史子 松木杏奈     
後      奏        (次週)新明隆子 吉本春香 梶谷幸    
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
「テモテの手紙 Ⅱ 1:5~」  P.391(緑)
  5(かみさまは) 97(こころをあわせ)   
          ▲先週の集会    男   女   計               礼   拝      4   21  25
          教会学校      1    2   3(教師 ・大人8) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@ybb.ne.jp



(聖句)  恵みが働くときには、いかに多くの罪があっても、無罪の判決 
 が下されるからです。         ローマの信徒への手紙. 5:16

(今日の言葉) 私たちは、初めに神に造られた人間アダムと同じように、 
 罪を犯すことで、いずれは死んで土に帰ります。ところがパウロは、
 肉体は死んでも、命は永遠につながって、神に救われると言います。
 信じない人には、同じ死ぬなら、救いでも何でもありません。しかし
 罪を犯し続けながらも、永遠の命を保証され、神の近くで今を生きる。
 目先の死を超えて、この世の人々との関わりを大切にしながら、終わり 
 のない命を生きていることが、神の賜物と思います。                                 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ 台風被害で、困難にある人々を神様がお救い下さい。対岸の火事で
 は決して済まされない災害の準備を、私たちにさせて下さい。
○ 聖書通読会を行います。創世記 32:23~32 P.56
○ 東湘南地区信徒大会が9月23日、小川町教会で行われ、新翻訳の 
 聖書について講演がありました。三崎教会は2名参加でした。 
○ 今年のバザーは、11月2日(土)です。会場は二葉保育園と三崎教会、  
 時間は10:30~14:00です。ヤキソバ等は現金販売のみで、食券は 
 ありません。教会は手作りケーキ、ホットケーキ、蒸かし芋を喫茶に 
 出品し、フリマを出店します。「合同バザーのお知らせとお願い」をご覧 
 下さい。
お祈り下さい①孤立する人②いじめ虐待・命③格差克服④キリスト教主 
 義施設職員⑤東アジアで生きる・現行憲法是非⑥ゴミ輸出・プラ使用見 
 直し⑦地震・自然災害⑧原発廃棄物⑨神の力が必要な子供・教会をつ 
 なぐ兄弟姉妹
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  10月6日(日) 午前10時30分
 説教題 「死に打ち勝つ信仰」  佐藤千郎牧師        
 聖 書  ヨハネによる福音書 11:17~27   (新) P.189
 讃美歌 25 214(わが魂のひかり) 575(球根の中には) 26