2020年  11 月 15 日   週  報 No.47
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
 終末前主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 松本設子     奏楽 大川昌美                                  
前奏                  
招詞      詩編 20:8~9    (旧) P.851
讃美歌            27(父・子・聖霊の)

主 の 祈 り                            
交読詩編              89:34~38.
聖      書   ローマの信徒への手紙 15:30~33 (新)P.296
祈      祷 
讃美歌            436(十字架の血に)                                                                                   
信仰告白 
説教      「死にに行ったエルサレムで」  進宏一伝道師                      
祈      祷
讃  美  歌            403(聞けよ、愛と真理の)
献金  
頌栄             28 (み栄えあれや)
祝      祷 (礼拝当番)(今週) 
後      奏        (次週) 
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
  「多くの病人を癒す」 マルコ 1:29~  
 54(かみのめぐみを) 96(しゅイエスはまことのぶどうのき)
       ▲先週の集会    男   女   計                        
       礼   拝      4   16   20
教会学校                  1    1  (教師 ・大人5) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp

(聖句) わたしがユダヤにいる不信の者たちから守られ、エルサレムに 
 対するわたしの奉仕が聖なる者たちに歓迎されるように。
                        ローマの信徒への手紙 15:31                             
(今日の言葉)
パウロは教会の人々に、もう二度とわたしの顔を見ることはない、と 
 言ってエルサレムに向かいます。死を覚悟する一方で、パウロは命を狙 
 うユダヤ人と駆け引きし、その場その場を乗り切ろうとします。使徒言行 
 録の物語を読んでいると、そんな緊張の中で御心が実現して行くことが 
 分かります。
  信じる者にとって、パウロの話は他人事のように見えても、実は自分も 
 同じなのです。明日のことは分かりません。しかし教えに従って精一杯 
 生きれば、神の計画が見えて来るはずです。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ コロナウィルス、北海道では再び感染者が急増しています。その原因が、気温が下がり、ウィルスの活動が活発化したり、換気が以前ほど出来ないことであれば、私たちもまったく同じ条件です。これから注意しなくてはいけません。
   会堂内ではマスク着用、手指のアルコール消毒をお願いいたします。座席は出来るだけ2席空けてお座り下さい。私達が続ける礼拝を神様がお守り下さい。
○ 「収穫感謝日」(11月22日)を前に、教団引退教師の退職年金の財 
 源となる、「謝恩日献金」をお願い致します。受付に袋があります。

お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待②キリスト教主義施設職員が
 信仰に関わらず守られること③全員に最低所得が保証されること④地
 震・自然災害 ⑤教会学校の子供が与えられること⑥三崎教会をつなぐ 
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  11月 22(日) 午前10時30分
 説教題  「神様に喜ばれる人生」 鈴木伸治牧師
 聖 書   ミカ書 2:12~13   (旧)P.1450
        マタイによる福音書 25:31~41   (新)P.50
 讃美歌 29 389(み神をたたえよ) 536(み恵み受けた今は) 24