2019年  1 月   13 日   週   報 No.3
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
         主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 木村諭    奏楽  廣瀬牧実                                   
前奏                  
招詞        詩編 91:10~13   (旧)P.930
讃美歌            25(父・子・聖霊に)
主 の 祈 り                           
交読詩編               135       
聖      書         創世記 4:1~7 (旧)P.5
            ヘブライ人への手紙 11:1~4 (新)P.414
祈      祷 
讃美歌         56(主よ、いのちのパンをさき)                                        
信仰告白
説教      「信仰は永遠に語ることば」  生野隆彦牧師  
祈      祷 
聖  餐  式
讃  美  歌             449(千歳の岩よ)
献金  
頌栄            27(父・子・聖霊の)
祝      祷 (礼拝当番) (今週)     
後      奏         (次週)       
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
  「最初の王サウル」  サムエル上 8~10
      4(けさもわたしの)  35(主われをあいす)   
          ▲先週の集会    男   女   計                        礼   拝      6   21   27
           教会学校      1   1    2 (教師 ・大人7) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@ybb.ne.jp

(聖句)
  アベルは死にましたが、信仰によってまだ語っています。
                            ヘブライ人への手紙 11:4

(今日の言葉) 
   世にある教会も、またキリスト教主義の施設も、そこで働く人が死ん 
 だ後も信仰によって、大切な神の言葉として、まだ語っていることを忘れ 
 てはなりません。。                                                                       
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)  
○ 役員会報告 ①牧会・教勢 ②会計 ③前月議事録 ④左ドア土台修 
 理費用 140,000円支出 ⑥クリスマス礼拝・愛餐会・燭火礼拝反省 ⅰ) 
 教会行事に保育園親子、外部の方が出席し、交流の大切さを再確認し 
 たこと。 ⅱ)多数の職員が出席されたこと。 ⅲ)多人数の食事用意が 
 教会員だけでは困難になっていること。 ⅳ)CSプレゼントの量に気を 
 付けること。   
○ クリスマス献金をありがとうございました。後日、報告させて頂きます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お祈りください!①多民族社会で暮らす②現行憲法の是非③地震の備え 
 ④格差・最低限の生活保障⑤増え続ける原発廃棄物⑥キリスト教主義 
 施設で働く職員⑦神の力で子供を成長・城山の教会をつなぐ兄弟姉妹
○日毎の糧 「お言葉ですから、網を降ろしてみましょう。」 ルカ 5:5  
漁師だったペトロは、夜通しの漁でも何も取れず、網を片付けていま 
 した。その時、主イエスにもう一度漁をしろと言われます。また網を降 
 ろすのは大変だったはずです。それでもペトロは従いました。結果は大 
 漁で、一歩踏み出す大切さを教えられます。
  
次週礼拝予告  1月 20日(日) 午前10時30分
 説教題 「新しい出会いへ」  大野高志牧師 
 聖 書  イザヤ記 58:3~10 (旧)P.1156
       マルコによる福音書 2:18~22 (新)P.64
 讃美歌  28 368(新しい年を迎えて) 443(冠も天の座も) 29