2021年 9 月 26 日   週  報 No.40
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
  三位一体後第17主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                     司会 栃久保宣子    奏楽                                     
前奏      
招詞        詩編 57:2    (旧) P.890
讃美歌           27(父・子・聖霊の)
主 の 祈 り                            
交読詩編                127
聖      書     コヘレトの言葉 3:9~15(旧) P.1037
             マタイによる福音書 20:1~15 (新) P.38
祈      祷 
讃美歌            402(いともとうとき)             
信 仰 告 白                                                                                             
説教     「神さまのお恵みは気前よく」 鈴木伸治牧師   
祈      祷
讃  美  歌           510(主よ、終わりまで)
献金    
頌栄            28 (み栄えあれや)
祝      祷 
後      奏   (礼拝当番)(今週) 新明隆子 野田友子
             (次週) 松本設子 山本尊子
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
     8/22より、感染状況を考慮し、しばらくお休み。   
        ▲先週の集会    男   女   計                        
         礼   拝       3   14  17
教会学校                    (教師 ・大人) 
   (教会住所) 238-0235 三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp


(聖句) 天の国は次のようにたとえられる。「・・・わたしはこの最後の者 
 にも、あなたと同じように支払ってやりたいのだ。・・・それとも、わたしの 
 気前のよさをねたむのか。」  
                       マタイによる福音書 20:14~15

(今日の言葉) 私たちは至らぬ者ですが、神様はたくさんのお恵みを 
 下さっています。いつも自分の存在を顧みて、神さまのお恵みを数えて  
 みましょう。 

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ コロナ禍、効果的な自宅療養と命の守り、無症状者がいることを前提 
 にした生活を工夫させて下さい。飲食観光業関連、私達が続ける礼拝を 
 神様がお守り下さい。
○ 三崎教会、保育園ともに、あと3年で70周年(2024年9月1日)を
 迎えます。今後の歩む道と形を、神さまがお示し下さい。 
○ 来週、10月3日礼拝後、役員会を行います。
○ 日毎の糧 「その日が来れば人は子牛一頭、羊2匹の命を救いうる
 のみ。」イザヤ書7:21 ユダヤの国は南北に分裂し、北イスラエルは
 アッシリアに滅ぼされることが預言されます。しかし残った子牛と羊が
 豊かに乳を出し、人々は凝乳を食べられると言われます。国家滅亡
 という究極の困難の中でも、神を信じる民にとっては、それは決して
 終わりではなく、救いと続きがあることが示されています。
お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待 ②キリスト教主義施設職員
 守り ③地震・風水害備え ④地元の教団教会としてエデン集会を再開 
⑤全国民の年金受給⑥教会学校の子供が与えられること
⑦三崎教会をつなぐ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  10月 3日(日) 午前10時30分
 説教題  「残ったパン屑」 佐藤千郎牧師  
 聖 書  マタイによる福音書 8:1~10 (新) P.13
 讃美歌 29 459(飼い主わが主よ) 390(主は教会の基となり) 24