2018年  9 月   16 日   週   報 No.38
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
 三位一体後第16主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 日比野裕子      奏楽  大川昌美                                   
前奏                   
招詞         詩編 101:6~8    (旧)P.937
讃美歌             25(父・子・聖霊に)
主 の 祈 り                           
交読詩編                 122       
聖      書     ヨハネによる福音書 18:28~38 (新)P.205
祈      祷 
讃美歌             493(いつくしみ深い)                        
信仰告白
説教     「真理・本当のこととは何か」 進宏一伝道師
祈      祷 
讃  美  歌             288(恵みにかがやき)
献金  
頌栄          26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝      祷 (礼拝当番) (今週)    
後      奏         (次週)         
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
  「食物と水」  出エジプト 16~17
      4(けさもわたしの)  97(こころをあわせ)   
          ▲先週の集会    男   女   計                        
         礼   拝      5   21  26
          教会学校      1    1   2  (教師 ・大人7) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@ybb.ne.jp


(今日の聖句)  
   「わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの 
 世に来た。真理に属する人は皆、私の声を聞く。」ピラトは言った。「真理 
 とは何か。」                ヨハネによる福音書 18:37                        
(今日の言葉)                                       
   主イエスを、もし信じるのであれば、人間の世を超えた神の世界が、 
 本当にあり、それが真理です。主を信じ、教えが、たとえ守れなくても、 
 生活の中心にあると、この世にいても真理に属する人になります。主は 
 私たちに、この世がすべてだと思って生きて良いのか、神の世を信じて 
 今を生きる選択はないのか、改めて問われています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)                                        
○ 北海道地震で家族を亡くされた方を神様が慰め、しばらく続く生活の  
 困難に、工夫と力を与えて下さいますように。
○ 創立記念日献金として、9月2日の席上献金 26,150円は、教団開 
 拓伝道資金に送金いたしました。
○ 厳しい暑さが続きます。礼拝中でも、扇子を使用し、水分補給をして下さい。
○ 礼拝後、聖書通読会を行います。 ヘブライ人への手紙9:23~28  
 P.411
○ 東湘南地区信徒大会 9/24(月曜、祭日) 10:00~12:30 逗子教会 
 講演 メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン理事(難病の子供支援団体)
 大野寿子姉 受付に案内があります。
お祈りください!①教会が居場所に②被災地生活・温暖化災害・スー 
 パー台風③地震備え④格差・最低限の生活保障⑤原発廃棄物の貯蔵 
 ⑥東アジアで生きる・沖縄の負担・オスプレイ飛来⑦神の力で子供を成 
 長・城山の教会をつなぐ兄弟姉妹
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次週礼拝予告  9月 23日(日) 午前10時30分
 説教題 「救いの時が来たので」 鈴木伸治牧師 
 聖 書 創世記 32:23~33 (旧)P.56
      マルコによる福音書 14:32~42 (新)P..92
 讃美歌28 402(いともとうとき) 474(わが身の望みは)29