2019年  1 月   20 日   週   報 No.4
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
         主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 栃久保宣子    奏楽  大川昌美                                   
前奏                  
招詞        ヨシュア 1:5   (旧)P.340
讃美歌           28 (み栄えあれや)
主 の 祈 り                           
交読詩編               100       
聖      書       イザヤ書 58:3~10 (旧)P.1156
              マルコによる福音書 2:18~22 (新)P.64
祈      祷 
讃美歌          368(新しい年を迎えて)                                         
信仰告白
説教        「新しい出会いへ」  大野高志牧師  
祈      祷 
讃  美  歌            443(冠も天の座も)
献金  
頌栄            29(天のみ民も)
祝      祷 (礼拝当番) (今週)     
後      奏         (次週)       
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
  「失敗したサウル.」  サムエル上 15
      4(けさもわたしの)  35(主われをあいす)   
          ▲先週の集会    男   女   計                        
          礼   拝      6   23   29
           教会学校      1   1    2 (教師 ・大人8) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@ybb.ne.jp


(聖句)
   あなたの傷は速やかにいやされる。
                            イザヤ書 58:8

(今日の言葉) 
   喜ぶ人、悲しむ人、病む人、嘆く人。わたしたちとの人格的ふれあ 
 いを待ち望む人々がいる。神が共におられることを受けとめるとき、新 
 たな出会いも真に喜びの時となる。                                                                       

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)    
○ クリスマス献金は、103名、876、000円でした。後日、報告させて 
 頂きます。  
○ 1月17日、阪神淡路大震災から24年経ちました。今も続く被災者の 
 痛みと、何時起きても不思議はない巨大地震を、私たちが忘れることの 
 ないようにして下さい。    
○ マケドニア会は、1月21~22日、熱海金城館で開催され、生 
 野牧師は出席予定です。
お祈りください!①多民族社会で暮らす②現行憲法の是非③地震の備え 
 ④格差への配慮⑤増え続ける原発廃棄物⑥キリスト教主義施設で働く 
 職員⑦神の力で子供を成長・城山の教会をつなぐ兄弟姉妹
○日毎の糧 「労苦し、奮闘するのは、すべての人、特に信じる人々の救 
 いである、生ける神に希望を置いているからです。」 テモテ 一 4:10   
  神を信じる人は、この世と次の世の両方での命を約束され、その意 
 味で救いの希望と言っています。この世での労苦、奮闘は、永遠の命と 
 いう、死んでからの話だけではなく、信じる者が、今この世で生きている 
 時でも、益となるということになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  1月 27日(日) 午前10時30分
 説教題 「脚本通りに演じさせられたペトロ」  進宏一伝道師 
 聖 書  ヨハネによる福音書 21:15~ (新)P.211
 讃美歌 24 58(み言葉をください) 57(ガリラヤの風かおる丘で) 25