2018年  8 月   19 日   週   報 No.34
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
 三位一体後第12主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 新明隆子      奏楽 大川昌美                                   
前奏                   
招詞          詩編 100:1~3        P.937
讃美歌             27(父・子・聖霊の)
主 の 祈 り                           
交読詩編                 116       
聖      書       ヨハネによる福音書 18:1~11  P.203
祈      祷 
讃美歌             402(いともとうとき)                      
信仰告白
説 教   「ペトロの挫折は私達の模範」    進宏一伝道師
祈      祷 
讃  美  歌             405(すべてのひとに)
献金  
頌栄            28 (み栄えあれや)
祝      祷 (礼拝当番) (今週)    
後      奏         (次週)        
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
 「神様の命令」  出エジプト 2:11~4:31
      10(ことりたちは)  96(主イエスはまことのぶどうのき)   
          ▲先週の集会    男   女   計                   礼   拝      7   22  29
      教会学校          1    1   (教師 ・大人4) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@ybb.ne.jp



(今日の聖句)  
  シモン・ペトロは剣を持っていたので、それを抜いて大祭司の手下に 
 打ってかかり、その右の耳を切り落とした。・・イエスは言われた。「剣を 
 さやに納めなさい。」         ヨハネによる福音書 18:10、11                                 

(今日の言葉)                                       
  ペトロはこのすぐ後、主イエスを見捨てて逃げ去ります。逃げ込んだ 
 先でペトロは、三度も主を知らないと言ってしまい、その直後に鶏が鳴き 
 ます。以前に主に予告されたそのままでした。
しかしペトロは、その後、再び主の許に戻り、生涯を捧げて行きます。 
 信じる者が過ちの連続でも、主は弱さを熟知した上で、弱さの種類に応 
 じて、導き救って下さるはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)                                        
○ 8月15日は終戦の日でした。73年間、日本は戦争をせずに過ごすこ 
 とが出来ました。今後も、戦争の悲劇を避けられるようにして下さい。
○ 礼拝後、聖書通読会を行います。使徒言行録13:44~52 P.240 
○ 厳しい暑さが続きます。礼拝中でも、扇子を使用し、水分補給をして下さい。
○ 東湘南地区信徒大会 9/24(月曜、祭日) 10:00~12:30 逗子教会 
 講演 メイク・ア・ウィッシュオブジャパン理事(難病の子供支援団体)
 大野寿子姉 受付に案内があります。
お祈りください!①教会が居場所に②被災地の生活③地震④原発廃棄
 物⑤東アジアで生きる⑥神の力で子供を成長⑦温暖化災害・スーパー
 台風⑧城山の教会をつなぐ兄弟姉妹
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次週礼拝予告  8月 26日(日) 午前10時30分
 説教題 「地の塩に光宿る」 大野高志牧師 
 聖 書 イザヤ書 53:1~5 P.1149
      マタイによる福音書 5:13~16 P.6
 讃美歌25 55(人となりたる神のことば)531(主イエスこそわが望み)26