2021年 8 月 22 日   週  報 No.35
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
  三位一体後第12主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                     司会 松本設子    奏楽                                     
前奏      
招詞        ハバクク書 3:19  (旧) P.1468
讃美歌            25(父・子・聖霊に)
主 の 祈 り                            
交読詩編              90:1-12
聖      書   マタイによる福音書 16:21~28  (新) P.32
祈      祷 
讃美歌           371(このこどもたちが)            
信 仰 告 白                                                                                             
説教       「意味を問われて生きる」 大野高志牧師   
祈      祷
讃  美  歌            518(主にありてぞ) 
献金    
頌栄         26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝      祷 
後      奏   (礼拝当番)(今週) 徳山宏基 長澤穂香
             (次週) 尼野冨美子 松木杏奈
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
     「イエスの姿が変わる」 ルカ 9:29~31  
        ▲先週の集会    男   女   計                        
         礼   拝       7   15  22
教会学校            1      (教師 ・大人5) 
   (教会住所) 238-0235 三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp


(聖句)
  わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、 
 私に従いなさい。             マタイによる福音書 16:24

(今日の言葉)  神より前には出ることが出来ない。神より前に
 勇んでも、そこにはどこか偽りがある。だから下がれ。下がっておれ。
 そしてあなたを徹底的に守ってくださるその方にこそ問え。「あなたは
 私に何をお望みなのですか」---たおやかな平安が備えられる。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ コロナ禍、病床逼迫の中、重症者の命を守りながら軽症者の急変にも 
 備える様々な試行錯誤が行われています。工夫をお与えください。
 パラリンピック(8/24~9/5)では、感染が抑えられ、観客が一部でも
 入場できること、関連仕事で失業者が救われることを祈ります。
 必要量が確保出来る、国産ワクチン開発、私達が続ける礼拝を
 神様がお守り下さい。
○ 8月は戦争の加害と被害に思いを馳せます。海外の戦争は過去の話、 
 他人事ではありません。間違いなく悲惨な結果をもたらす戦争を避ける 
 方法について、私たちがいつも考えるようにさせて下さい。
○日毎の糧 「彼らはすべて、エルサレムで命を得る者として書き記され 
 ている。」イザヤ書4:3 主イエスやパウロが言われる霊の命、
 永遠の命について書かれていると思われます。今、肉体の命で生きる 
 この世でも、困難を逃れる場所を用意して下さるとも書かれています。
お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待 ②キリスト教主義施設職員
 守り ③地震・風水害備え ④エデン集会の再開方法 ⑤コロナ困窮者
 の住宅と給付⑥教会学校の子供が与えられること⑦三崎教会をつなぐ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  8月 29日(日) 午前10時30分
 説教題  「喜びの人生を選びつつ」 鈴木伸治牧師  
 聖 書  列王記上 3:10~15 (旧) P.532
       マタイによる福音書 13:44~52 (新) P.26
 讃美歌27 202(よろこびとさかえに満つ)431(喜ばしい声ひびかせ) 28