2022年 11月 6日   週  報 No.43
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
 終末前々主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
               司会 新明隆子         奏楽                                     
前奏      
招詞     詩編 106:4     (旧) P.945
讃美歌          25(父・子・聖霊に)
主 の 祈 り                            
交読詩編              114
聖      書 ローマの信徒への手紙 8:18~25 (新) P.284
祈      祷 
讃美歌        579(主を仰ぎ見れば)                                                            
信 仰 告 白                                                                                         
説教     「忍耐と待望」     佐藤千郎牧師
祈      祷
讃  美  歌       226(まもなく主イエスは来たり⑤) 
献金    
頌栄       26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝      祷 
後      奏   (礼拝当番)(今週)  
             (次週)  
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
     「死を覚悟する程の困難」 コリントⅡ 1:9~10     
        ▲先週の集会    男   女    計                        
         礼   拝       6   17   23
教会学校            1     (教師 ・大人3) 
   (教会住所) 238-0235 三浦市城山町4-4 
        伝道師 進 宏一   協力牧師 生野隆彦     
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
               (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp


(聖句)
現在の苦しみは、将来わたしたちに現わされるはずの栄光に比べ 
 ると、取るに足りないとわたしは思います。
                    ローマの信徒への手紙 8:18                                                                  

(今日の言葉)                           
   信仰者が味わう苦しみは、将来わたしたちに現わされるはずの栄 
 光(復活のいのち)の中に、消えゆくもので、苦しみには希望を消し去 
 る力はありません。。                  
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ 本日は永眠者記念日(聖徒の日」)です。既に天に召された教会員、 
 礼拝出席者のご親族を覚え、記念の礼拝を捧げます。
○ 礼拝後、役員会を行います。
○ コロナ禍、改めて注意していれば、日常生活に戻れる段階になりつ 
 つあります。休まず続ける礼拝を神様がお守り下さい。
○ ウクライナ、厳しい冬を前にしています。神様が暮らしをお守り下さ 
 い。
○ 「収穫感謝日」(11月20日)を前に、教団引退教師の退職年金の財 
 源となる、「謝恩日献金」をお願い致します。受付に袋があります。
○日毎の糧 「まことに、主は我らを正しく裁かれる方、法を与えられる 
 方、王となって、我らを救われる。」イザヤ書 33:22 キリスト者にと 
 って、神様の裁きは正しく、従うべき法律です。そして、すべてを委ね 
 るその先には救いがあると言っています。 
お祈り下さい ①一人一人が孤立を防ぐ②いじめ虐待 命は守る ③キ 
 リスト教主義施設:利用者、職員の神様による守り ④地震備え⑤エ 
 デンとの関係維持 ⑥困窮親子給付 ⑦教会学校が子供助のけにな 
 る⑧城山の三崎教会を次世代につなぐ  
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  11月 13日(日) 午前10時30分
 説教題  「眠りから覚める時」  生野隆彦牧師  
 聖 書   ローマの信徒への手紙 13:11~14 (新) P.293
 讃美歌25 194(神さまはそのひとり子を)411(うたがい迷いの)26