2021年 10 月 10 日   週  報 No.41
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
  三位一体後第19主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                     司会 木村諭    奏楽                                     
前奏      
招詞        詩編 59:11    (旧) P.892
讃美歌           24(たたえよ、主の民)
主 の 祈 り                            
交読詩編                 129
聖      書         詩編 55:23~24 (旧)P.889
     マタイによる福音書 11:25~30 (新) P.20
祈      祷 
讃美歌            11(感謝にみちて)               
信 仰 告 白                                                                                             
説教      「わたしのもとに来なさい」  生野隆彦牧師  
祈      祷
讃  美  歌          194(神さまはそのとり子を)
献金    
頌栄              29(天のみ民も)
祝      祷 
後      奏   (礼拝当番)(今週) 
             (次週) 
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
    「」  :~     
        ▲先週の集会    男   女   計                        
         礼   拝       4   16  20
教会学校            1        (教師 ・大人5) 
   (教会住所) 238-0235 三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp

(聖句) 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい休 
 ませてあげよう。              マタイによる福音書 11:28

(今日の言葉)  人は好調のときには、頼まなくても友だちになって
 くれるが、ひとたびつまづき、状況が悪化すると、頼んでも離れてゆく
 ものである。しかし主は、だれでもわたしのもとに来なさい、休ませて
 あげようと言われる。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ 役員会報告①牧会・教勢 ②会計 負担金納付で9月はマイナス 
 ③エデン集会 地元教会として要望に応える ④70周年事業 具体的
 内容を検討開始
○ CS子供礼拝を先週、再開出来ました。毎週来てくれる子供の守りと
 新たな子供をお祈り下さい。
○ コロナ禍、宣言が解除され、街の賑わいが戻り始めました。治療方法 
 の確立、無症状者がいる中での注意を工夫させて下さい。飲食観光業 
 関連、私達が続ける礼拝を神様がお守り下さい。
○ 中村多恵子姉の告別式を、9月29日エデンの園にて、生野牧師式辞、 
 進伝道師司会で行いました。姉は指宿教会に転会していましたが、御本 
 人の希望により、三崎教会で司式いたしました。
○ 日毎の糧 「れんがが崩れるなら、切り石で家を築き、桑の木が倒さ 
 れるのなら杉を代りにしよう。」 イザヤ書9:9 たとえ神に裁かれても、
 人々は自分の力に頼り、神に救いを求めず、神に立ち帰りませんでした。 
 その結果は神の怒りによる徹底した裁きでした。 
お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待 ②キリスト教主義施設職員
 守り ③地震・風水害備え ④地元の教団教会としてエデン集会を再開 
⑤全国民の年金受給⑥教会学校の子供が与えられること
⑦三崎教会をつなぐ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  10月 17日(日) 午前10時30分
 説教題  「生きている時の天の国」 進宏一伝道師  
 聖 書 マタイによる福音書 4:12~ (新) P.5