2018年  9 月   23 日   週   報 No.39
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
 三位一体後第17主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 松本設子      奏楽  伊勢田宏子                                   
前奏                   
招詞        詩編 102:1~3      (旧)P.938
讃美歌             28(み栄えあれや))
主 の 祈 り                           
交読詩編                 123       
聖      書       創世記 32:23~33     (旧)P.56
              マルコによる福音書 14:32~42 (新)P. 92
祈      祷 
讃美歌             402(いともとうとき)                         
信仰告白
説教      「救いの時が来たので」 鈴木伸治牧師
祈      祷 
讃  美  歌             474(わが身の望みは)
献金  
頌栄              29(天のみ民も)
祝      祷 (礼拝当番) (今週)    
後      奏         (次週)         
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
  「十戒」  出エジプト 19~20
      4(けさもわたしの)  97(こころをあわせ)   
        ▲先週の集会    男   女   計                   礼   拝      4   20  24
        教会学校      2    1   3  (教師 ・大人10) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@ybb.ne.jp


(今日の聖句)  
「誘惑に陥らぬよう、目を覚ましていなさい。心は燃えても、肉体は弱い。」                   マルコによる福音書 14:38                        

(今日の言葉)                                       
イエス様が指摘されるように、私たちは信仰に生きていても、
 肉体の弱さで信仰が薄らぐこともあります。「目を覚ましていなさい。」
 と励まされているのは、イエス様の十字架の救いを仰ぎ見つつ歩む
 ことなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)                                        
○ 続いている自然災害で、家族を亡くされた方を神様が慰め、しばらく 
 続く生活の困難に、工夫と力を与えて下さいますように。
○ 明日、9/24(月曜、祭日)、東湘南地区信徒大会 10:00~12:30 逗子 
 教会  講演 メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン理事(難病の子供支 
 援団体) 大野寿子姉 受付に案内があります。
お祈りください!①教会が居場所に②被災地生活・温暖化災害・スー 
 パー台風③地震備え④格差・最低限の生活保障⑤原発廃棄物の貯蔵 
 ⑥東アジアで生きる・沖縄の負担・オスプレイ飛来⑦神の力で子供を成 
 長・城山の教会をつなぐ兄弟姉妹
○日毎の糧「あなたがたはキリストの体であり、また、一人一人はその 
 部分です。」 コリントⅠ 12:27 信じる者は洗礼を受け、霊を与えられ、 
 一つになり、それがキリストの体としての教会です。一人一人は、賜物
 によって役割を果たし、支える時も、支えられる時もあると言います。主 
 イエスに与えられた、教えを伝え、そしてまた救われるための形です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次週礼拝予告  9月 30日(日) 午前10時30分
 説教題 「嵐を超えて」 大野高志牧師 
 聖 書 マルコによる福音書 4:35~41 (新)P. 68
 讃美歌24 166(主は、わたしを究め) 456(わが魂を愛するイエスよ)25