2021年 10 月 17 日   週  報 No.42
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
  三位一体後第20主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                     司会 新明隆子    奏楽                                     
前奏      
招詞        詩編 60:13    (旧) P.894
讃美歌            25(父・子・聖霊に)
主 の 祈 り                            
交読詩編                130
聖      書     マタイによる福音書 4:12~17 (新) P.5
祈      祷 
讃美歌           403(聞けよ愛と真理の)                
信 仰 告 白                                                                                             
説教      「生きている時の天の国」 進宏一伝道師  
祈      祷
讃  美  歌           404(あまつましみず)
献金    
頌栄          26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝      祷 
後      奏   (礼拝当番)(今週) 工藤美保 浅野智子
             (次週) 大川昌美 歌川昌子
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
    「五千人に食べ物を与える」  マタイ 14:15~23     
        ▲先週の集会    男   女   計                        
         礼   拝       6   19  27
教会学校                     (教師 ・大人5) 
   (教会住所) 238-0235 三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp



(聖句) イエスは、「悔い改めよ。天の国は近づいた。」と言って、
 宣べ伝え始められた。 
                     マタイによる福音書 4:17

(今日の言葉) キリスト者は、神様が実際にいると信じ、その場所が
 天の国です。天の国に行くためには、死んでからではなく、今、悔い
 改める必要がある、とイエスは言われます。信じる者が死んだら行く
 のが天の国ですが、イエスが言われるのは、死んだ後だけでは
ありません。この世を生きている時も、目には見えなくても、すぐ側に
神様はいて、信じる者は救いを求めることが出来ます。この世を生きる
ための教えも、死んでから天の国に行くための教えも同じです。だから  
 信じ悔い改めることによって、天の国は近づいたのです。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ コロナ禍、宣言が解除され、街も観光地も人出は増えています。今後、 
 重篤者数が許容範囲になれば、人の交流がある程度、可能になって
 来ると思われます。治療方法を確立させて下さい。飲食観光業関連、
 私達が続ける礼拝を神様がお守り下さい。
○ 教会、保育園ともに、あと3年で創立70年(2024年9月1日)です。 
 今後、初声、南下浦が三浦市の中心になっても、神さまがこの地で、
 三崎の町と共に歩ませて下さい。
お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待 ②キリスト教主義施設職員
 守り ③地震・風水害備え ④地元の教団教会としてエデン集会を再開 
⑤国民年金の全員給付⑥教会学校の子供が与えられること
⑦三崎教会をつなぐ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次週礼拝予告  10月 24日(日) 午前10時30分
 説教題  「この地を耕して」 大野高志牧師  
 聖 書 創世記 2:4b~25 (旧) P.2
 讃美歌 27 361(この世はみな)549(わたしたちを造られた神よ) 28