2019年  6 月  16 日   週   報 No.25
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
 三位一体主日   主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会 栃久保宣子    奏楽  大川昌美                                 
前奏                  
招詞       詩編 95:4~5     (旧)P.933
讃美歌            25(父・子・聖霊に)
主 の 祈 り                           
交読詩編                13      
聖      書 ローマの信徒への手紙 4:1~5、16~25(新)P.278
祈      祷 
讃美歌          390(主は教会の基となり)                                                       
信仰告白
説教    「信じて従った人生(アブラハム)」  進宏一伝道師                              
祈      祷
讃  美  歌            405(すべての人に)
献金  
頌栄          26(グロリア、グロリア、グロリア)
祝      祷 (礼拝当番) (今週)     
後      奏         (次週)      
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
「美しの門」 使徒言行録 3、4 
  128(おはよう) 12(ぱらぱらおちる)   
          ▲先週の集会    男   女   計                        礼   拝      6   26  32
          教会学校      1    1   2   (教師 ・大人7) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@ybb.ne.jp



(聖句) (アブラハムは)希望するすべもなかった時に、なおも望みを抱 
 いて、信じ、「あなたの子孫はこのようになる」と言われていたとおりに、 
 多くの民の父となりました。 …主イエスを死者の中から復活させた方を 
 信じれば、私たちも義と認められます。
                    ローマの信徒への手紙 4:18、24                                  
(今日の言葉)                           
   普通の人なら、あきらめて当然でしたが、アブラハムは神の約束を 
 信じ、希望を捨てませんでした。結果は、御心に適うとされ、約束された 
 ものを手に入れました。今、復活の主イエスを信じる者もまた、信仰の 
 父、アブラハムと同じです。御心に適う者とみなされ、目先の困難は 
 あっても、神は必ず約束を果たして下さる、とパウロは言っています。
                                 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ イースター献金、5月会計報告、裏面ををご覧下さい。御名前は何度も確認していますが、漏れがありましたらお知らせ下さい。
○ 礼拝後、聖書通読会を行います。 ローマ 10:5~15 P.288

○ 婦人会修養会 7月15日(月曜、海の日) 会費 500円
 9:30~11:30 講話 「世界文化遺産は長崎、天草だけではなかった。
            ・・・三崎の隠れキリシタン」  生野隆彦牧師 
 11:30~13:00 お喋りと昼食(宗喜御弁当) 参加お待ちしています。                      

お祈り下さい①孤立させない為一人一人が出来る事②いじめ虐待、命
 は守る③格差④キリスト教主義施設職員⑤東アジアで生きる、沖縄、憲 
 法⑥地震⑦原発廃棄物⑧神の力で子供を成長、三崎教会をつなぐ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次週礼拝予告  6月 23日(日) 午前10時30分
 説教題 「力があるからではなく」   大野高志牧師   
 聖 書  ルカによる福音書 16:19~31 (新) P.141