2020年  8 月 30 日   週   報 No.36
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
 三位一体後第12主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                 司会         奏楽  廣瀬牧実                                  
前奏                  
招詞       詩編 85:9   (旧) P.922
讃美歌           29(天のみ民も)
主 の 祈 り                           
交読詩編                87  
聖      書        創世記 4:1~5 (旧)P.5
           マタイによる福音書 25:31~46  (新)P.50
祈      祷 
讃美歌         371④(このこどもたちが)                                                                                 
信仰告白
説教      「悲しみを纏って」   大野高志牧師                       
祈      祷
讃  美  歌          424④(美しい大地は)
献金  
頌栄          24(たたえよ、主の民)
祝      祷 (礼拝当番)(今週)        
後      奏        (次週)      

◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
      52(ひかりひかり) 129(どんどこどんどこ)
          ▲先週の集会    男   女   計                     礼   拝      7   20   27
教会学校           1    1  (教師 ・大人5) 
   (教会住所)三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp

(聖句) イエスは言われた。「わたしだ。恐れることはない。」                         
                       ヨハネによる福音書 6:20 
  はっきり言っておく。わたしの兄弟であるこの最も小さな者の一人 
 にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。
                    マタイによる福音書 25:40                                                                                                                       
(今日の言葉) 眼前の飢えや寒さに敏感な人。それは、自らの身に刻ま 
 れた弱さと悲しみを大切にしてきた人。弱さと悲しみを身に纏い、他者に 
 愛を着せてきた人。そこでは人の思いを遙かに超えて、神の恵みが分 
 かち合われる。
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ 教会堂の雨漏工事は、8月いっぱい行なわれています(奥山工務店)。
○ コロナウィルス、ほとんどの人にとって単なる風邪ですが、中高年のごく一部が致命症になっています。改めて、一人一人はマスク、手指消毒、教会は換気に注意します。神様がお守り下さい。失業者の仕事と住まいを与え、ワクチンを早めて下さい。
○ 礼拝中でも、扇子を使用し、水分を補給して下さい。
○ 8月は戦争の加害と被害を覚えます。戦争回避のために、何をすべき 
 か、いつも考えさせて下さい。
○日毎の糧 「エジプトの国を出たイスラエルの人々は次のような旅程を 
 たどった。」 民数記 33:1 神は人々を奴隷だったエジプトから脱出さ 
 せますが、人々は先住民を恐れ、約束の地、カナン侵入を拒否します。 
 怒った神が人々に与えたのは、40年間の放浪の旅、テント生活でした。
お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待 ②キリスト教主義施設職員の 
 守り ③格差克服④地震・自然災害 ⑤神の力が必要な子供・大人 ⑥ 
 三崎教会をつなぐ  
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  9月 6日(日) 午前10時30分
 説教題  「からし種一粒ほどの信仰」 生野隆彦牧師
 聖 書   ハバクク書 2:1~4 (旧)P.1465
        ルカによる福音書 17:1~6 (新)P.142
 讃美歌   24 127(み恵みあふれる) 226(輝く日を仰ぐとき) 29