2021年 8 月 15 日   週  報 No.34
日本キリスト教団  三 崎 教 会   
  三位一体後第11主日  主 日 礼 拝  順 序 (午前10時30分)       
                     司会 栃久保宣子    奏楽                                     
前奏      
招詞        詩編 52:10  (旧) P.886
讃美歌           27(父・子・聖霊の)
主 の 祈 り                            
交読詩編                121
聖      書     マタイによる福音書 4:5~7 (新) P.4
祈      祷 
讃美歌        522(キリストにはかえられません)           
信 仰 告 白                                                                                             
説教     「助けてくれるなら信じる」   進宏一伝道師   
祈      祷
讃  美  歌         521(とらえたまえ、われらを) 
献金    
頌栄           28 (み栄えあれや)
祝      祷 
後      奏   (礼拝当番)(今週) 工藤美保 仲島和
             (次週) 徳山宏基 長澤穂香
◎ 教会学校礼拝(午前9時30分)         
     「見失った羊のたとえ」 ルカ15:4~6  
        ▲先週の集会    男   女   計                        
         礼   拝       5   15  20
教会学校            1      (教師 ・大人5) 
   (教会住所) 238-0235 三浦市城山町4-4 
        牧師(代務)生野隆彦   伝道師 進 宏一  
(電話) 046-881-7923 (URL)http://misakichurch.net 
                   (e-mail) fgmfg320@yahoo.co.jp



(聖句)
悪魔はイエスを、聖なる都に連れて行き、神殿の屋根の端に
 立たせて言った。
「神の子なら、飛び降りたらどうだ。あなたの足が石に
 打ち当たることのないように、天使たちは手であなたを支える。」
  イエスは、「神である主を試してはならない」と言われた。
                          マタイによる福音書 4:5~6

(今日の言葉)  上手く行くかどうか、自分に合っているか、試してみる
 ことは、普通は合理的で、決して悪いことではありません。しかし神を
 信じる条件として救いを求め、助けられたら信じると言う、神に対する
 お試しは通用しないと言われています。逆に、そうではなく、すべてを
 委ねて信じる時、神は御心に沿った救いを用意して下さいます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(報告)
○ コロナ禍、病床が逼迫しています。良い意味での入院選別で、重症者 
 をお救い下さい。東京五輪後半(8/24~9/5)では、感染が抑えられ
 観客が入場できること、関連仕事で失業者が救われることを祈ります。 
 必要量が確保出来る国産ワクチン開発、私達が続ける礼拝を神様が
 お守り下さい。
○ 76年前、8/6は広島、8/9は長崎に原爆が投下された日、今日は
 終戦の日です。戦争は間違いなく悲惨な結果をもたらします。戦争を
 避ける方法について、私たちがいつも考えるようにさせて下さい。
お祈り下さい ①孤立する人・いじめ虐待 ②キリスト教主義施設職員
 守り ③地震・風水害備え ④エデン集会の再開方法 ⑤コロナ困窮者
 の住宅と給付⑥教会学校の子供が与えられること⑦三崎教会をつなぐ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
次週礼拝予告  8月 22日(日) 午前10時30分
 説教題  「意味を問われて生きる」 大野高志牧師  
 聖 書  マタイによる福音書 16:21~28 (新) P.32
 讃美歌 25 371(このこどもたちが) 518(主にありてぞ) 26